ホーム > ニュース一覧 > 新シェフ、マーク・ボナーをご紹介いたします


ニュース一覧

新シェフ、マーク・ボナーをご紹介いたします

このたび料理長に就任したマーク・ボナー(Marc Bonard)は、オリーブ栽培が盛んなプロヴァンス北部の小さな町ニヨン出身。
16歳で料理学校を卒業した後、「ラ・カルディナル」や「オテル・ド・クリヨン」など、ミシュランの星付きを含む数々の一流レストランで経験を積み1994年に来日しました。「オテル・ドゥ・ミクニ」や「二期倶楽部」「レストラン・パッション」などで本場仕込みの腕を振るったのち、2001年から6年間にわたり「ホテル ラフォーレ東京 御殿山ヒルズ ブラッセリー・ル・コルドンブルー」を牽引。その後は約5年間、フランス料理学校「ル・コルドン・ブルー代官山校」の料理教授として活動してきました。マークシェフが長年関わってきた日本の素材をフランス料理として活かす、オリジナティあふれるメニューにどうぞご期待ください。