ホーム > ブルターニュへようこそ > 特産物


Bienvenue en Bretagne ブルターニュへようこそ!ガレットやシードルなど豊かな食文化を生んだ、フランス ブルターニュ地方をご案内します。



ブルターニュの特産物

名勝・旧跡に恵まれ、料理の美味しさで知られるブルターニュには人口の3倍、年間1000万人もの観光客が訪れ、観光業が重要な産業となりました。緑豊かで自然に恵まれたこの地方では農業・漁業が主産業で、特産物が数多くあります。

フランスの農業就労者数の約10%が従事しているブルターニュ地方はフランスの農業生産約15%を占め、最も農業の盛んな地方です。ソバ粉料理とリンゴ加工品が長い間主な食事であり、小麦主食・ワインというフランスの他地方とは異なる食文化が定着していました。郷土料理であるソバ粉のガレットやりんごを発酵させたシードル・伝統的なウィスキーなど独特の特産品があります。

りんご文化の暮らし(シードル等のりんご製品)

ブルターニュの農家に必ず植えられているりんごの木はシードル専用の品種で、美しい樹形は緑豊かな田園風景の中で大地の恵みの象徴のような存在です。どの農家でも自家用に造られていた微発泡酒“シードル”は炭酸と渋味・酸味が喉の渇きを断ち切るため、水より多く飲まれたと言います。しかし楽しみのための飲物はむしろりんごの蒸留酒オー・ド・ヴィー(生命の水)。圧搾機からの果汁を樽に移して数か月後、シードルが出来た頃になると「ブイヨット」が来る、という連絡が村に回ります。各農家のシードルは、樽から大きな銅製の蒸留器「アランビック」に移され、蒸留士によりタイミングよく回収された蒸留酒が出来上がり、別の樽に入れられ、家主以外は誰にもわからない場所で十数年保存されます。こうした自家用の蒸留酒がずっと作られてきましたが、今では工業生産が盛んとなり市販されています。産地の中ではカルヴァドスが有名ですが、ブルターニュ産はフィーヌ・ド・ブルターニュと区別されています。

ポモーと呼ばれる食前酒から、シードル、そしてこの食後酒まで揃いますが、最近ではりんごのスパークリングジュースなどノンアルコールの飲物も大人が楽しめます。また食用りんごの木からの収穫も、豚肉料理の付合せや、焼きりんごをはじめ各地様々なデザートがあり、りんごはブルトンの暮らしに欠かせない大地の恵みです。フランス北西部でシードルと人気を二分する飲物に洋梨の微発泡酒のポワレがあります。シードルやポワレ専用のりんご・洋梨の栽培に適した土壌と気候のブルターニュやメーヌ地方は、緑の囲い地が多い田園地帯で、伝統的な農法が続けられています。工業化してしまったシードル・ポワレ作りとは異なり、伝統の技と最新技術を生かした特産品が生み出されています。

ケルトの伝統を受継ぐウィスキー

スコットランド、ウェールズ、アイルランドなどウィスキーの名産地はいずれもケルトゆかりの地ですが、ブルターニュでも古くからウィスキー製造が行われていました。大麦麦芽のみを使用したブルターニュを代表するシングルモルトウィスキーは、オーク樽で熟成し、伝統的な銅の蒸留器(アランビック)で蒸留されます。またバーボン醸造樽や、シェリー醸造樽などでそれぞれ熟成されたブレンディッドウイスキーも格別。

またソバの産地であるブルターニュの特産品としてソバ100%を原料とする世界でひとつのソバウィスキーがあります。商品名EDDUはブルトン語でそばを意味します。肥料も農薬も不要なエコロジー作物であるソバを、贅沢とも言える究極の飲物に仕上げる職人技。至福の時を過ごす逸品として贈物にも喜ばれています。

自然発酵の飲料、様々な農産物

ブルターニュ地方は地ビールの製造も盛んで、コクと香りでドライな喉越しのラガービール、ハーブの効いたすっきりした味わいの白ビール、更にはソバの産地ブルターニュならではのソバビールも造られています。

また、ワインより古い歴史があり、ドルイド僧の秘法が続くと言われる蜂蜜酒シュシェンもあります。りんごの絞りたて果汁を少量加えて蜂蜜の自然発酵を開始させるブルターニュ独特の製法です。

食前酒などとして楽しめるほか、料理・デザートに豊かな風味を加えるなど、自然発酵のこれらの飲料は、大地の恵みを求める時代にますます注目されています。

またフランス初の「ご当地コーラ」ブレッツコーラには、「西の灯台」がロゴに使われ、食のグローバル化に対するアンチテーゼとしてブルターニュの若者に人気です。

フランス生産の92%を占めるカリフラワー、アーティチョークなどの野菜づくり、豚肉やハム類の主産地でもあり、モンサンミッシェル湾の干潟で塩分を含んだ草を食む子羊はプレサレと呼ばれフランス料理で最高品質の子羊として有名です。輸入飼料の作付面積が国土面積に匹敵する日本とは異なり、広い放牧地と干草など伝統飼料を自家栽培する農家も復活してきました。商業的にも地元ブランドづくり、ブルターニュ産食品ラベルなども生まれ、地産地消が広がっています。

 

酪農と特産の塩(有塩バター・塩バターキャラメル・塩バタービスケット)

酪農に適した気候のブルターニュは良質な乳製品の名産地です。牧草を多く食み、乳質の良い品種の牛から様々な乳製品が作られ、特産品となっています。

フランス・ブルターニュ地方は、潮の満ち引きが大きく、世界のシェフ御用達の「ゲランドの塩」で有名なように、良質な塩の産地です。したがってフランスの他の地方やヨーロッパの大部分とは違う有塩バターが特徴で、料理の味付けや、デザート・菓子類の特徴となっています。日本でも知られるようになった「塩スイーツ」は元々有塩バターを使った塩バターキャラメル(キャラメルブールサレ)やクイニーアマンがきっかけでした。バターの風味が豊富な塩バタークッキーも上質なものは一度食べると忘れられない美味しさです。

  

 

水産業と水産加工品・海藻製品

フランスで最も漁業・水産業が盛んなブルターニュでは、約8000人が漁業に従事し、年間14万トンの水揚げがあります。英仏海峡と大西洋が交わるブルターニュは魚介類の豊富さで知られ、牡蠣、ムール貝、ホタテなどの貝類はフランス全土や世界各地にも輸出され、またオマール海老などの高級食材はフランス料理界の華となっています。中でも干満の差が大きく遠浅のモンサンミッシェル湾ではプランクトンを育む干潟が豊かで、ナポレオンが好んだカンカルの牡蠣、AOC(産地認証)のあるムール貝はフランスの最高級品です。海沿いの街では魚の缶詰加工製品の製造が盛んになり、様々な味付けがされたイワシやサバの水煮、魚のテリーヌ、魚やホタテのパテなども種類が豊富で、今日ではカニ風味蒲鉾も「スリミ」という名の下、広く市販されています。港町キブロンやベルイルには缶詰工場も多く、新鮮なイワシが行儀よく並べられ丁寧に仕上げられています。シンプルなオリーブオイルや香り高いバター、更にはさわやかなマリネソースなどに包まれたイワシは、そのままで料理店のテイスト。パッケージがカラフルなレモン風味、トウガラシ風味、ニンニク風味、トマト風味など日本にはない味付けもあり、美食の国ならではの楽しいお土産となっています。

またリラックス効果の高いタラソテラピーの発祥はブルターニュ地方ですが、肌によい成分を含むブルターニュの海藻は食べるだけでなく、シャンプーやバスソルトなどに配合されています。

また海藻からプラスティックなど様々な工業製品が造られる画期的な技術もブルターニュから発信され、海藻を増やして海の浄化が進み、また二酸化炭素増加に歯止めをかけることも期待されています。今後ブルターニュの水産資源利用技術の発展から目が離せません。

オンラインショップ