ホーム > ブルターニュへようこそ > ブルターニュの旅 > フジェール


Bienvenue en Bretagne ブルターニュへようこそ!ガレットやシードルなど豊かな食文化を生んだ、フランス ブルターニュ地方をご案内します。



フジェール Fougeres

フジェール(=シダ)に覆われた大きな森に清水があふれるこの地には、森に残されるドルメンメンヒルが先史時代から人々が暮らしていたことを物語ります。ブルターニュの玄関口としてヨーロッパ一の規模とと堅固さを誇る城塞が築かれ、イギリス、フランスの侵略から守っていました。

ブルターニュの独立が解かれた1532年からはノルマンディー、メーヌアンジュー地方との四辻としてナンソン川沿いにいろいろな産業が繁栄してきました。ヨーロッパ最大の家畜市場として賑わい、職人が集まり、靴製造で最盛期を迎えます。豊かになった町の中心は高台の商店街に移り、川沿いには中世の街並みがそのまま残りました。城の正門脇の木橋の袂から川沿いを歩く散策コースがあります。

Val Nançon公園は屋外彫刻や家庭菜園もある緑地ですが、見上げると高台の街全体が昔の城郭として聳え立ち現れます。その壁沿いへと上がると靴工房が並んでいた裏通りRuelle de vaux、その坂道を上り右手の階段を上り抜けると商店街へ。

バルザック「ふくろう党」もこの町を舞台にフランス革命が描かれました。革命軍に抵抗した彼らの暗号伝達に、ソバ粉を挽く風車が回ったり止まったり、町から町へと狼煙の代わりになったこともこの地方らしい逸話です。右奥にはヴィクトルユゴー劇場のある噴水広場。付近に残る古い靴修理工房が靴の町の面影を残しています。

劇場の右を下ると城に戻れますが、商店街はそのまま左に折れて鐘楼はのある広場に。町の篤志家たちによって1397年ブルターニュで最初に築かれ今に残るフランス最古の鐘楼はこの町が自治都市であった名残です。商店街は時計博物館、そしてサンレオナール教会ピュブリック公園と続きます。植物園からフジェール城を見下ろす一角は、フジュレの結婚写真の定番スポット。城下町と緑豊かな田園風景のパノラマが開けています。急な斜面をつづら折りに下りシダを集めた一角を抜過ぎると植物園の出口へ。付近は中世地区で、近年まで使われていた共同洗濯場、また川で水汲みをして中州で菜園を作ったりする暮らしが今でも残っています。橋を渡ると木組みの家が残るマルシ広場にクレープリーや昔ながらのカフェも。左手にはギャラリーとして使われているサヴィニー館があり、その前の通りを石切り場見学場へ向かい、川沿いに戻ってくる散歩道もあります。ゴシック様式のサン・シュルピス教会へ抜ける小道から高台に上がった景色もぜひ。

アクセス パリからTGVにて1時間半のLaval駅からバスで1時間。国鉄・ローカル線TER路線図はこちら

時刻表はMa ligneで29番Fougeres Laval路線を選んでダウンロードして下さい。

TGVも止まる城下町ヴィトレからは30㎞で平日のみバスがあり、レンヌとは9番バス、また17番バスでVillecartierの森を抜け、モンサンミッシェルのあるポントルソン駅へ行くことができます。時刻表は路線を選んで確認下さい。

ナンソン川はクエノン川と合流し、ブルターニュの豊かな酪農地帯を潤しながらモンサンミッシェル湾に注ぎます。モンサンミッシェルまで40km、続きはこちら